天空の非公認キャラクターゆきお 名古屋限定ういろう マスキングテープ

n-27

天空の非公認キャラクターゆきお 名古屋限定ういろう マスキングテープ

n-27

 

 

 

 

 

 

 

 

【人気文具のマステ】

「天空の非公認キャラクターゆきお」のういろうマスキングテープ。

テープ幅1.5㎝

ゆきおのおともだち「ういろお」をモチーフにしたマスキングテープです。

上記参考画像のういろおボールキーホルダ(660円(税込))もあります。

ご興味ある方はこちらもお問い合せ下さい。

ういろおにういろうマスキングテープを巻き巻き巻き巻き。シュルレアリスム。(*1)

(*1)シュルレアリスムとは

戦間期フランスで起こった作家アンドレ・ブルトンを中心とする文学・芸術運動である。すでに1919年から最初のシュルレアリスムの試みである自動記述が行われていたが、1924年にブルトンが『シュルレアリスム宣言』を発表し、運動が本格的に始まった。ブルトンはこの宣言でシュルレアリスムを「口頭、記述、その他のあらゆる方法によって、思考の真の動きを表現しようとする純粋な心的オートマティスム理性による監視をすべて排除し、美的・道徳的なすべての先入見から離れた、思考の書き取り」と定義した。シュルレアリスムはジークムント・フロイト精神分析カール・マルクス革命思想を思想的基盤とし、無意識の探求・表出による人間の全体性の回復を目指した。ブルトンのほか、ルイ・アラゴンポール・エリュアールフィリップ・スーポーバンジャマン・ペレらの詩人を中心とする文学運動として始まったが、ジョルジョ・デ・キリコマックス・エルンストらの画家マン・レイらの写真家が参加し、1920年代末頃からスペインベルギーからもサルバドール・ダリルイス・ブニュエルルネ・マグリットカミーユ・ゲーマンスフランス語版らが参加。分野もダリとブニュエルの『アンダルシアの犬』に代表される映画などを含む多岐にわたる芸術運動に発展した。

一方、フランスのシュルレアリスムが日本において前衛芸術として発展を遂げたのは1930年代以降のことであり、以後、ブルトンが提唱した無意識の探求という本来の目的から離れ、「現実離れした奇抜で幻想的な芸術」という意味で「シュール」という日本独自の概念・表現が生まれることになった (ウィキペディアより抜粋)

 

 

¥440(税込)
数量